大変身!リノベーションビフォーアフター3選

alt="リノベーションビフォーアフター"

『そろそろ…』とは思うものの、なかなか一歩踏み出せないリノベーション。そんな時は、リノベーションをして大きく暮らしが変わったビフォーアフターをまずはチェックしてみませんか?工事をする中で住まいがどう変わるのかというイメージを描くことができれば、これからのリノベーション計画をスムーズに進めていくことができるはずです。
今回は、リノベーションのビフォーアフターと合わせて、リノベーションのメリットと成功させるためにおさえておきたいポイントをまとめました。これからのリノベーション計画に、ぜひお役立てください。

 


コラムのポイント
・ビフォーアフターを参考にしながらリノベーション後の暮らしを想定し、綿密な打ち合わせを重ねながらリノベーションを進めていきましょう。
・リノベーションをすることで、住まいの不具合を綺麗な状態に一新することができます。家族みんなが快適な暮らしを続けられるよう、思い立ったら早めにリノベーション計画を立てていきましょう。


 

目次

◼ リノベーションのメリット
◼ リノベーションビフォーアフター3選
◼ リノベーションを成功させる3つのポイント
◼ そろそろリノベーションを…と思ったら

 

 

 

リノベーションのメリット

alt="リノベーションビフォーアフター"

手間も費用も、時間もかかるリノベーション。忙しい毎日を送る中でリノベーションをするのは大変ですが、だからこそ得られるメリットはたくさんあります。

 

メリット① 住まいが一新、気持ちも一新


リノベーションすることで、ずっと気になっていた汚れや傷み、傷跡が綺麗さっぱりと一新されます。お風呂やトイレなどの設備も、最新のものはとても使い勝手が良いため便利で快適な暮らしを送ることができます。

メリット② 地震がおきても安心の耐震性能


1981年よりも前に建てられた住宅は旧耐震基準で建てられているため、耐震面にどうしても不安が残ります。地震大国日本で暮らす以上、住まいの耐震性能は高めておきたいもの。リノベーションをすることで高い耐震性能の家に生まれ変わらせることができるため、地震の揺れから住まいや家族を守ることができます。

メリット③ 冷暖房費の削減


リノベーションをして住宅の断熱性や気密性をあげることで、冷暖房費を下げることができます。フル稼働させてもなかなか効かなかった冷暖房が、リノベーションを機にしっかりと効くようになるのはかなり嬉しいもの。冷暖房費を大きく下げながら、今まで以上に快適な毎日を送ることができます。

メリット④ 理想の間取りで快適な暮らし


リノベーションをすることで、ライフスタイルに合わせて間取りを変更することができます。コロナ禍で働き方や家での過ごし方を見直した方にとっては、今までの間取りではちょっとした不便を感じやすいもの。間取りを変更することで、そんな不満も解消しながら新しい暮らしを楽しむことができます。

メリット⑤ 家族の思い出はそのままに


引っ越しや建て替えをしてしまうと、家族とともに暮らした思い出の住まいはなくなってしまいます。しかしリノベーションなら、家や思い出の柱はそのまま残しつつ、新しい暮らしをつくることができます。

▶︎『建て替え』と『リフォーム』悩んだ時の選び方

 

 

 

リノベーションビフォーアフター3選

それでは、リライフが手がけたリノベーション実例をご紹介します。

alt="リノベーションビフォーアフター"

 

風通しの良い住まいにリノベーション


After

alt="リノベーションビフォーアフター"

Before

alt="リノベーションビフォーアフター"

平屋をリノベーションしたこちらのお家。外観を大きく変え、スタイリッシュな雰囲気に生まれ変わりました。

alt="リノベーションビフォーアフター"

alt="リノベーションビフォーアフター"

元々あった和室はなくして広々としたLDKと寝室に。暮らしに合わせて間取りを設計しています。開放感あふれる室内は、不要な柱や壁を撤去して仕上げました。

alt="リノベーションビフォーアフター"

▶︎このリノベーション実例を詳しくみてみる

 

木の味わいが豊かな住まいに変身


After

alt="リノベーションビフォーアフター"

Before

alt="リノベーションビフォーアフター"

大きく間取りを変え、床も壁も張り替えてリノベーションしたこちらのお家。和室がなくなったことで、ガラッと雰囲気が変わりました。

alt="リノベーションビフォーアフター"

alt="リノベーションビフォーアフター"

清潔感のある白いキッチンなら、毎日の料理が楽しくなりそうですね。コンパクトな壁付きキッチンなら家事をスムーズにできるだけでなく、ダイニングも広々使うことができます。

▶︎このリノベーション実例を詳しくみてみる

 

 

 

リノベーションを成功させる3つのポイント

alt="リノベーションビフォーアフター"

リノベーションが成功するかどうかは、次の3つのポイントをあらかじめおさえているかによって変わります。

 

ポイント① リノベーション後の暮らしを想定


リノベーションをした後、どんな家に住みたいのか、どんなライフスタイルを送りたいのか、といったリノベーション後の暮らしをあらかじめ想定しておきましょう。よりリアルに思い描くことで、納得のいく間取りにすることができる上、理想の暮らしを叶えやすくなります。
間取りやデザイン、使用する家具、素材、各部屋で何をして過ごすのか、などご家族でしっかりと話し合っておきましょう。

ポイント② 予算と理想のすり合わせ


リノベーション後の暮らしを想定したら、予算とのすり合わせをしていきましょう。おしゃれな設備やデザイン、機能などをみていると、あれもこれも…と取り入れたくなりますが、全てを取り入れてしまうと予算オーバーになってしまいます。
事前に見積もりを出してもらった上で、譲れない設備や取り入れたいデザイン、妥協できるポイントを挙げながら予算と比べていきましょう。

ポイント③ 綿密な打ち合わせ


納得のいくリノベーションをするためには、やはり事前の打ち合わせが大切です。『イメージしていたのと違った…』と後悔しないよう、細かい部分まで綿密に打ち合わせを行いましょう。

申し込み前にしっかりと話を聞きたい…という場合は、『中古再生住宅完成見学会』や『リフォーム相談会』に参加してみるのもおすすめです。新しい生活様式に合わせたリノベーション計画に関する疑問や相談など、事前に確認しておきましょう。

▶︎玄関ドアのリフォーム|費用と注意点まとめ

 

 

 

そろそろリノベーションを…と思ったら

alt="リノベーションビフォーアフター"

リノベーションをすることで、使い勝手の悪さが気になっていたリビングも、汚れや劣化が気になっていた水回りも、綺麗な状態に一新することができます。家族みんなが快適な暮らしを続けられるよう、思い立ったら早めにリノベーション計画を立てていきましょう。

 

私たちRe.Life(リ・ライフ)(株式会社日立リアルエステートパートナーズ)は、リフォーム・リノベーションをご提供しています。

一級建築士をはじめ、一級建築施工管理技士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーターなどのプロの有資格者がタッグを組み、大切なご自宅を生まれ変わらせるお手伝いをさせていただきます。

リフォームやリノベーションは、今あるものを活かすことができることが最大の魅力です。

お客様の個性やライフスタイルに合わせて、プランニングすること。そしてお客様の笑顔のお手伝いをすること。これが当社のリフォーム・リノベーションの基本です。あなたの想いをぜひ私たちに聞かせてください。あなたの気持ちに寄り添いながら、夢を現実にするお手伝いをいたします。

 

 

リライフにオンライン相談 リライフのショールーム来場
リライフへ資料請求 リライフへ直接電話する

 

監修者情報(株)日立リアルエステートパートナーズリノベーションコラム編集部

家づくりに役立つ情報をお届けしています。

住宅業界の専門性について

免許登録

建設業許可番号 国土交通大臣 許可(特‐29)第27062号 国土交通省
宅建業免許証番号 国土交通大臣(12)第2476号 国土交通省
資格情報

一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、二級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、一級造園施工管理技士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、茨城県住宅耐震リフォームアドバイザー、茨城県木造住宅耐震診断士ほか