これからも、
毎日がもっと
快適な暮らしに。

マンションの場合は、自宅の専有部分でもすべて自由にリフォームできるとは限りません。
リフォームでの制約や注意点を知った上で、より快適なマンションライフを実現させましょう。

知っておきたい法律・規約

  • 区分所有法

    正式には「建物の区分所有などに関する法律」のことで、一般に「マンション法」とも呼ばれている、マンションで区分所有者(住戸人)が共同生活をおくるためのルールをまとめた法律です。 専有部分(個人の所有権が確立している部分で、一般的には、玄関の内側からベランダの手前までの部屋内部)と共有部分(マンションの所有者全員で所有権を持つ部分。屋根、外壁、廊下、ロビー等)についても管理規約により定められています。

  • 管理規約

    マンションの住戸人によって構成される管理組合が定めた規約で、マンションで快適に暮らす為のルール、建物の使用などについて定められています。 マンションによっては、この管理規約の中で、管理組合への届け出や隣戸の承認の義務付け、使用できる内装等リフォームに関する制限を設けていますので、リフォームの際には必ず事前に確認しましょう。

  • 使用細則・協定

    区分所有法や管理規約に基づき、マンションを利用する上でのルールをまとめたものです。

  • 消防法

    火災を予防し、被害を軽減することを目的とした法律で、内装材の制限や火災報知機の設置などが定められています。その他には、建築基準法や水道法・ガス事業法・電気事業法等があります。

マンションリフォームで
気を付ける部分

注意を要するリフォーム箇所の説明

  • 構造体

    構造柱や梁、各戸界壁、床スラブなどの構造体は共有部なので変更できません。

  • 玄関ドア

    玄関ドアは共有部分なので、ドアの移動や交換、塗り替えはできません。

  • パイプスペース

    排水や給水管、ガス管などが通っている共有のパイプスペースは、移動できません。

  • メーターボックス

    給湯器や水道・ガスのメーターが入っているメーターボックスも共有部なので移動できません。また、扉の変更もできません。

  • 窓や面格子も共有部分なので変更できません。ただし、防音や断熱などの為に室内側に内窓を取り付けし、二重サッシにすることは可能です。

  • ベランダ・バルコニー

    共有部分なので基本的にリフォームすることはできませんが、敷くだけの床材等でガーデニングを楽しむことはできます。使用細則の範囲内となります。また、避難通路ともなっているので、大きな物を置いたりハッチを塞いだりしてはいけません。

水まわりのリフォームの
注意点

  • 水まわりの移動と排水管の位置

    水まわりの移動できる・できないは、マンションの構造と排水管の位置がポイントです。
    図は、コンクリート床と住戸の床との間に排水管が通っている例です。床の間の高さがないと排水管に勾配がつけられないため、水まわりの移動は限られます。
    ただし、床のレベルを上げ、勾配を確保すれば移動も可能な場合もあります。
    よく図面をチェックしておきましょう。

  • 配水管が住戸の床下にある場合の説明
  • キッチンリフォーム

    同じ位置でのキッチンの取り替えは容易にできますが、キッチンの位置を移動する場合は、排水管や排煙ダクトの位置の変更が難しい場合があるので、注意が必要です。
    配管の状況は竣工図などで事前に確認しましょう。また、今人気のIHクッキングヒーターですが、ガス器具からの取り替えは可能ですが、200Vの電圧が必要になり、電気の契約アンペア数を増やす必要がでてきます。その場合、マンションの全体内容量によっては制限がある為、竣工図や管理規約の確認が大切です。

  • トイレ・洗面所・浴室リフォーム

    キッチンと同様に、同じ位置でのユニットバス、洗面台、便器など機器の取り替えは可能ですが、位置を移動する場合は、共有部分の堅管から枝分かれする専有部分の排水管や換気のための排気ダクトの位置の変更に注意が必要です。排水の勾配がとれず水の流れが悪くなったり、排気がうまくいかなかったりといった問題がでてくる可能性があるので、事前に竣工図などで配管の状況に注意しましょう。

間取り変更・内装リフォーム
の注意点

所有区画のイメージ図

  • 01 間取り変更

    マンションは、鉄筋コンクリート造(RC造)と鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)に大別され、柱と梁で建物を支える「ラーメン構造」のものが一般的です。この場合は、柱と梁及び構造耐力壁(いわゆる共有部分)以外は部屋の間仕切り壁の移動も可能な為、専有部分の中(パイプスペースは除く)であれば、ほぼ自由な間取り変更ができます。
    これに対し、低層マンションのRC造で用いられる、柱のない「壁式構造」の場合は、構造壁の撤去ができない為、間取り変更に制限があります。

  • 02 和室から洋室への変更

    和室を洋室への変更はできますが、天井や床下の下地が異なる場合は下地調整工事が必要です。

  • 03 床材の変更

    床材等は比較的自由に張り替えできますが、他住戸への配慮をした床材がおすすめです。

  • 04 建具・天井・壁材の変更

    室内ドアの交換や天井・壁のクロスの張り替え、さらに、クロスを塗り壁やタイル等への変更もできます。